チームクリニックのお問合せは記事のコメント欄へ

デューク大学バスケットボールチーム

バスケにほん ブログ村

人気ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2016年3月6日 - 2016年3月12日 | トップページ | 2016年10月2日 - 2016年10月8日 »

2016年9月25日 - 2016年10月1日

2016年10月 1日 (土)

プレースタイルとシステム 3

チームプレーというのは
選手ひとりひとりを
うまく「結合」することから
生まれてくるものです。
その効果として
いたるところで「様々な化学反応」が
起きてくるものです。
いずれにせよ
ファンダメンタルをスムーズに実行し
心身のコンディションを強化することが
大切なことになってきます。
プレースタイルもシステムも
自由でいいのですが
でたらめを個性のように扱うことがないようにし
そのファンダメンタルを
しっかりと実行できるようにすることです。

基本

2016年9月30日 (金)

プレースタイルとシステム 2

システムが、うまくいかないのは
選手たちがファンダメンタルを
身につけていないので
うまく、素早く実行できないのです。
しかし、最近では、うまくできないと
すぐにやめてしまい
都合のいいものに飛び付くことが
多いのも事実なのです。
本来は、十分に指導され、フロアバランスを的確に
保つことができていれば勝負になるはずです。

私は、ゲームを観れば
そのチームが、毎日どんな練習をしているか
手に取るように分かりますが
ここで私が言っているファンダメンタルとは
戦うための基本原理であり
そのシステムにとって必要なものでなければならないのです。
一般的なファンダメンタルばかりを
追いかけていてはダメなのです。
システムにあったファンダメンタルを
見つけ出すことが、勝利への1歩です。
それなしに1ジーンズ必死に練習たつもりでも
慣れることはできても
実際には、1歩も前に進んではいないのです。
「知ってるが、できない」
そんなチームになってしまうのです。


2016年9月29日 (木)

プレースタイルとシステム 1

長い間、ブログを書くことができませんでした。

そして、自分の身体は、自分の意思とは

べつものだということを思い知らされました。

機会をみて、お知らせしたいと思います。

それでは、プレースタイルとシステムについて
考えてみたいと思います。

優れたシステムというのは
いくらでも存在しますが
大切なことは
オフェンスでもディフェンスでも
常にフロアバランスを保ち
その考え方に信念持って突き進むことです。

言い方を変えれば
「何をするか、何を選ぶか」ではなく
「しっかりとした原則に基づいていることを」
「どのように教え、プレーさせるか」ということが
大切な問題だということです。
信念と覚悟が必要なのです。


« 2016年3月6日 - 2016年3月12日 | トップページ | 2016年10月2日 - 2016年10月8日 »