チームクリニックのお問合せは記事のコメント欄へ

デューク大学バスケットボールチーム

バスケにほん ブログ村

人気ブログランキング

無料ブログはココログ

« ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅰ | トップページ | ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅲ »

2016年2月13日 (土)

■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅱ

選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅱ

「心が折れる」というのは

前に進めなくなりステップアップできなきなったり、辞めてしまったり、

目標としていたことをやり遂げられない状態に陥ることで

決して「心の病」ということではありません。

~~~

日々の練習でも、低・中・高程度の練習があるのですが

私の経験では、選手によっても個人差があるので

たとえば、中程度の練習でも

全員が苦しい時に、それを全員が我慢して頑張ってやっている状態というのは

意外に大きなストレス状態の中で練習をしているのです。

コーチが、中程度の練習で「心が折れる」選手はいないと思っていても

実際には、このレベルがMAXの選手もいるのです。

こうした選手たちは、決して、意欲や能力がないわけではなく

ただ、その練習が苦痛で、悩み傷つくこともあるのですが

周りの人に対して、そのことについて相談できないのです。

 私は、プレシーズンには「正確性を徹底的に追及する練習」をしますが

以前、短大のコーチをしていた時に

このドリルをコールして、練習を始めようとしたとき

エンドラインで突然、選手が倒れてしまったのです。

この選手は「正確性の徹底追及」という練習の繰り返しが

不安とストレスを生み出していたのです。

この選手のように倒れることはなくても

ほとんどの選手たちは「正確性の徹底追及」と「妥協のないコーチングの姿勢」に対して

不安と緊張を抱え、これが大きなストレスとなっているのですが

このストレスを、どうやって力に変えるのかが指導者の力なのです。

実際には、こうした練習の中で選手もチームも強くなっていくのです。

~~~

今まで「心が折れた状態の選手」をたくさん見てきましたが

選手たちは、自分が挫折した辛さを理解すると同時に

その厳しさの中で

実戦で必要な考え方や方法・手段を習得することが重要なのです。

チームによっても違いますが

一般的なチームでは、中程度の強度の練習で

心が弱りはじめる選手は、半分ぐらいですが

残りの半分ぐらいの選手たちは、多少の挫折では、へこたれませんし

困ってもすぐに周りと協力したりして頑張れるのですが

なぜか、能力も意欲もある選手に限って、心が折れやすいのです。

こうした選手たちは

「能力はあるのに、どうしてうまくならないんだろう」という結末なのです。

要するに「伸びない」のです。

これは、間違いなく指導者の責任です。

「能力があるのに、伸びない」のではなく「伸ばせない」のです。

また、高いレベルのストレスを受けると

「できない自分」に大きなストレスがかかり

すぐに心が折れてしまうのです。

高レベルのストレスは、その強度と時間が関係しています。

  たとえ低・中レベルのストレスでも

それが長く続けば高レベルのストレスになってしまうのです。

 また、高レベルで心が折れてしまう選手には、共通の特徴があります。

それは、低・中レベルのストレス段階では

何の問題もなく練習(ストレス)をクリアできる「優秀」な選手に限って

突然のように心が折れてしまうのです。

« ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅰ | トップページ | ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅲ »

A-1:「指導技術」コーチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560472/63207058

この記事へのトラックバック一覧です: ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅱ:

« ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅰ | トップページ | ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅲ »