チームクリニックのお問合せは記事のコメント欄へ

デューク大学バスケットボールチーム

バスケにほん ブログ村

人気ブログランキング

無料ブログはココログ

« ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅳ | トップページ | ■「疲れる」ということを意識する »

2016年2月27日 (土)

■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅴ

選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅴ

身体の疲れが、ある段階に達すると

人間の身体は、防衛本能が働きだします。

私も、学生時代に練習中に突然気分が悪くなり、脂汗を流し

ひどい吐き気に襲われ、心拍数も低下し、血圧も急降下し

体に力が入らなくなり、身動きすらできなくなったことがありましたが

これは、強度のストレスが原因で起こるものらしく

大学病院の医者からは「迷走神経反射」だと言われました。

これは、人間が生命を維持するための防衛本能が過剰に反応して

身体に異常をきたした状態なのです。

これと同じように、疲労と過緊張により一過性の心停止をきたして

走りながら失神するようなことも経験しましたが

これらは、自分で自分を追い込んで、強くなろうという意志が招いたもので

決して、疲労の蓄積が原因ではなかったのです。

「自らを追い込む」という過度のストレスが原因でしたから

心は折れていませんでした。

~~~

しかし、肉体疲労の蓄積は

脳に「これ以上動くな」「弱っているから、無理をするな」

「あいつ(コーチ)の言うことは聞くな」

こんな状態になっているのかもしれません。

そうなると必然的に気力と集中力が低下してきます。

すると、自分の力で問題を解決できなくなり

状況での対応ができなくなります。

 本来なら、こんなときはコーチやチームメイトに協力や支援を求めるのですが

ここまで疲れてくると、イライラや猜疑心が非常に強くなり

周囲に相談することもできなくなってしまいます。

そんな状態の時に、何かのきっかけで、突然、「心が折れる」のです。

 しかし、指導者に「恐怖心」を抱いているようなチームの選手たちは

自分を殺して、指導者に従うという、おかしな選択を強いられるのです。

これは、生きながらにして「自殺」なのです。

~~~

こうしたことは、どのカテゴリーでも言えることなのです。

練習をしていない人間(コーチ)が、練習をやらせるのですから

選手の身体状況を、慎重に観察しながら

責任ある指導をしなければなりません。

無理はさせても、疲れを蓄積させないのがハードワークです。

日々のダラダラ練習の疲労の蓄積は、最悪なのです。

« ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅳ | トップページ | ■「疲れる」ということを意識する »

A-1:「指導技術」コーチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560472/63272454

この記事へのトラックバック一覧です: ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅴ:

« ■選手は、疲労の蓄積で心が折れる Ⅳ | トップページ | ■「疲れる」ということを意識する »